減災・防災対策


○津波避難場所地図

 津波が発生した時にその地域の住民が迅速に避難できるようにするためのものです。また津波が起こる前はどのように逃げたらよいか検討する上でも様々な情報を提供します。

津波避難場所看板の施工事例1
津波避難場所立て看板の施工事例1
津波避難場所看板の施工事例2
津波避難場所立て看板の施工事例2

○海抜表示シール

 海抜シールとは、シール表示地点の海抜高さ(東京湾平均海面が0m)を表示するもので、

5mごとの「海抜帯」(横帯状)と1mごとの「m表示」(円形状)および20cmごとの

「ルーラー」(縦帯状)からなり、目的は下記のとおりです。

①日常的に、その周辺の海抜高さを認識しておくことができる。

②津波避難時に高さの目印として活用する。

③津波被災後の被災状況の把握が可能。


○津波避難ビル蓄光シート

 蓄光とは、太陽光、蛍光灯などの光を素材に溜め込み、暗くなるとためていた光を放つことで、夜間の避難時に視覚することにより効果があります。素材には、シリコンゴム、セラミック等多種にわたっている。「高輝度蓄光材」はJIS9107の規定を満足するものを使用している。

昼間時
昼間時
夜間時
夜間時